夏休み2017~アメリカ旅行!~ニューヨークpart9~メトロポリタン美術館~

世界三大美術館又は四大美術館の一つ(諸説ありますが)“メトロポリタン美術館”

セントラルパーク沿いのアッパーイーストサイドにあり、その堂々とした外観にまず圧倒されます。それもそのはず、自由の女神をデザインしたハント氏によるデザイン。

この日は雨で、よーし、一日ゆっくり過ごそうと意気込んで出かけました。

入場料は自然史博物館と同じで任意。(大人$25、学生$12、オーディオガイド$7)

家族3人、オーディオガイド込み$20で入場。こんなに素晴らしい美術館に対して鬼対応(苦笑)なんてありがたいシステム!

とにかく広い美術館で、世界中の美術品はここに集まっているのかと思うほど、とてつもない収蔵品の数。

まず腰を抜かしそうになったのが、美術館内にエジプトの神殿があったこと!

紀元前15年頃のデンデゥール神殿。

神殿前で祈りをささげるために行列。もちろん並びました。

我々の存在を超えた何かがここにはありました。大学時代にギザのピラミッドにも行きましたが、今の情勢ではなかなかエジプトには行けません。中3の息子にとって、ここで本物のエジプトの遺物に触れることができるのは何物にも代えがたい体験でした。

 

中世のキリスト教会も!

厳かな雰囲気はまるで、本当に教会に居るような気分になります。

まさに中世ヨーロッパの宗教美術の宝庫。キリスト教の理解なしに、美術の理解もなし。文化の理解もなし。そう実感させられる展示の数々。

 

イスラムのブルーモザイク。

一度は行ってみたいと夢見ている、そして、きっといけないんだろうなぁと半ばあきらめかけているペルシャ(イラン)。NYで体験できました。危険な目にあってまで現地に行くより、これで十分かも(笑)

そしてあり得ない大きさのペルシャじゅうたん。ひたすら圧倒されます。いやらしい話ですが、一体おいくら?イスタンブールなど、ペルシャじゅうたんを販売している都市に行かれた方ならお分かりですが、ものすごく高いんです。しかも何十枚も。あぁ、途方もない美術館!

 

2500年前のアッシリア帝国の彫刻。

ギリシャの影響?わくわくが止まらない展示品の数々。アジアとヨーロッパの融合のようなミステリアスな表情にとらわれてしまいました。

父がイラクに赴任していたこともあり、この辺りの文化には勝手に親近感を覚えています。これからもっと勉強したい地域です。

 

やっと本拠地にたどり着きました。アジア美術コーナーも迫力満点の展示物。

優しいほほえみの仏像は10M以上の高さ。バーミヤンから運ばれたそうです。アルカイックスマイルにも通じる表情に、歴史の流れを感じさせられます。

こちらも中央アジアの遺物。やや原始的な仁王像。日本へ仏教が伝わっていく流れが見えてジワリと感動。

ぽつりと日本コーナーに展示されていたガンダム。すごいのね、ガンダム。だってここはメット。恐れ入りました。

 

もっともっとご紹介したいですが、文字通り切りがないので、この辺にしておきましょう。絵画のコレクションもすごかった!ピカソ、ゴッホ、モネ、oh my gosh!

価値の計り知れない所蔵品の数々、どこまでも続く展示室。広すぎです。

うちの家族は意識がもうろうとしていました(苦笑)

メットへ行くときの注意事項

・歩きやすい服と靴で!

・見たい展示物を決めておく!(全部見ようと思ったら覚悟して!)

・写真の記録メディアの空き容量を確保!

ルーブル、大英、故宮、その他たくさんの美術館に行きましたが、これほど何もかもそろっている場所は他にありません。NYに行かれる際は是非♪

続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA