おせち料理の作り方~Part3~だて巻き、エビのうま煮、鶏松風(まつかぜ)

今日はおせちのメインをご紹介します。

冷たいとおいしくないのでほんのり温めてからお皿に盛ると親切です♪

おせち作りもラストスパート!すべて簡単なので気負わず作ってみてください!

★だて巻き★

だて巻きは“知識”を表すおせち。昔のお経など大切な書物は巻物でした。その巻物を模して作られたものだそう。学業での成果がそのまま社会的な地位となっていた時代と、現代とでは意味合いが違うかも知れませんが、いくつになってもお勉強は頑張らないと。

市販のだて巻きは甘すぎて苦手なので、必ず手作りしています。結婚したての頃はレシピ通りに作っても、型付けのために冷ましている間にだしがどんどん流れ出て嫌だなぁと思っていました。

数年前に安定剤として“葛”を入れることを思いついて以来、劇的においしくなっただて巻き。だしも安定するし、食感もしっとりするし、いいことづくめ♡

<18×18cm卵焼き器1台分>日持ち:3~4日間

卵(Lサイズ)7個

はんぺん 60g(約1/2枚)

上白糖 大さじ4(60g)

だし 1/2カップ(100ml)

薄口しょうゆ 大さじ2/3

塩 小さじ2/3

くず粉 大さじ1+水大さじ1

1.くず粉を水で溶く。オーブンを180℃に予熱する。

2.すべての材料をミキサーで攪拌する。

3..卵焼き器を煙が出るまで熱し、サラダ油を多めに流し入れてなじませる。余分な油を取り、濡れふきんの上に置く。卵液を流し入れて火にかける。周囲2mm程度に火が通ったらオーブンに入れて15~18分焼く。※持ち手が取れる卵焼き器の場合。取れない場合はごく弱火でじっくりと火を通す。

4.鬼すだれの上に焼き目を上にして取り出す。2cm間隔で5mm深さの切り込みを入れる。鬼すだれごと巻き、両端を輪ゴムでとめて15分程度置く。※分厚いのでいきなり巻くと割れる可能性があるため、まず型を付ける。

5.15分後、だて巻きだけをきっちりと巻き直す。冷めるまで立てて置く。

食べる分だけカットし、冷蔵庫で保存する。

 

★鶏松風★

鶏松風“正直さ”を表すおせち。松風とは片面がきれいに装飾されたきらびやかな屏風のこと。裏には装飾が無いので“私には裏がありません”という意味が転じて“正直さ”を表すようになったのだとか。

正直さは信頼につながるので、常に心掛けたい事。とはいえ“嘘も方便”という場面も大人の世界にはしょっちゅうありますが、、、(苦笑)

オーブントースターに備え付けの薄い天板を使うので、すぐに火が通ります。赤味噌のコクとゴマの香ばしさが美味しい一品!

<約12×20cmのオーブントースターの天板1枚分>日持ち:4~5日間

鶏ひき肉 400g ※もも、むねを半々で使うと良い。

卵(L) 1個

酒、しょうが汁、赤味噌、片栗粉 各大さじ1

塩、砂糖、薄口しょうゆ 各小さじ1/2

白ごま、黒ゴマ、青のり 各適宜

1.すべての材料をフードプロセッサーに入れて攪拌する。

2.天板に油を塗り、底にオーブンペーパーを敷く。1のタネを流し、表面を平らにならす。

3.白ごま、黒ゴマ、青のりを全体に散らす。ラップをのせてそっと抑えてタネと密着させる。

4.グリルの弱火で5分焼き、前後を返してさらに5分焼く。焦げるようならアルミフォイルで覆う。表面に弾力があり、焼き縮んでいい香りがしてきたら出来上がり。

冷めてから適当な大きさにカットし、密閉容器に入れて保存する。

 

★えびのうま煮★

海老はもう皆さんご存知の通り“長寿”を表すおせち。腰が曲がるまで元気で長生き出来ますように、と願いを込めて。

私は、出来れば長生きよりも、現役のまま“ぽっくり”終わりたいのが本音(苦笑)

<作りやすい分量>日持ち:2~3日間

中サイズの海老 5尾

だし 1/3カップ

醤油、みりん 各大さじ1

砂糖 小さじ1

1.海老の足と頭のとがった部分をハサミで切り取る。殻の上から竹串を刺して背ワタを取り除く。きれいに洗ってざるに上げる。

2.煮汁を煮立てて海老を入れる。蓋をして2分加熱し、そのまま冷ます。

冷めたら密閉容器に入れて冷蔵庫で保存する。

 

以上で我が家の簡単おせちは終わり!

スタートから終了まで3~4時間あれば用意出来ます。(黒豆以外)

・田作り

・たたきごぼう

・酢ばす

・黒豆

・ごまなます

・手綱こんにゃく

・だて巻き

・エビのうま煮

・鶏松風

以上9品でした。

割り切れない数字(奇数)が縁起がいいそうですが、あまりこだわらなくても。8は末広がりで縁起のいい数字の代表ですが、割り切れますもの。矛盾を感じるのは私だけ?

年に一度しか作らないのでなかなかうまくならないですが、年々上手に作れるようになることを信じてトライしてみてください♪

皆様、良いお年をお迎えください。

 

おせち料理の作り方~Part2~黒豆、ごまなます、手綱こんにゃく

今日もPart1に引き続き、おせち料理のご紹介です。どれも家族が好きなもので、欠かせないものばかり。

今からでも十分間に合いますのでご参考になさってください♪

 

★黒豆★

黒豆は仕事柄2~3日に一回は炊いているので、目をつぶっててもきれいに美味しく出来ます。とはいえ油断は禁物(笑)  砂糖や醤油を合わせた煮汁を先に作って漬け込む方法が一般的ですが、私の方法はまず柔らかく煮てから砂糖を加えます。この方法が黒豆の素材力を生かした方法だと信じています。

<12×20cmくらいの保存容器一つ分> 日持ち:冷蔵庫で1週間

黒豆 150g ※2L~3Lサイズ。4Lは大きすぎる気がします。私は地元の生駒市産を使いますが、手に入れば丹波産をお使い下さい。北海道産は小さいのであまりおすすめしません。

塩 小さじ1

重曹 小さじ1/2

グラニュー糖 150g ※上白糖でもOK。グラニュー糖で作るとすっきりとした甘みに仕上がります。量が多く感じると思いますが、ほとんどは煮汁に溶け込むのでご心配なく。

1.黒豆を洗い、圧力鍋に入れる(又は厚手の鍋)。塩、重曹、鉄のなす(又はさび釘をガーゼで包んだもの)を加え、熱湯800mlを注ぐ。冷めるまで6時間~一晩おく。

2.豆がしっかり戻ったら中火にかけて沸騰させる。※豆は約3倍の大きさになっているはずです。しわもなくきれいに吸水して膨らんでいること。

3.灰汁をしっかりと取り除き、圧力鍋の蓋をして加熱する。※灰汁をしっかり取り除かないと蒸気口が詰まるのでとにかくきれいに取り除くこと。圧力がかかったら火を弱めて5分加熱する。その後、火を止めて圧力が抜けるまで放置する。

※私が使っている鍋は平和鍋。元来玄米用のお鍋ですが、黒豆もたった5分で柔らかく炊けます。(話はそれますがこの上なくおいしい玄米が炊けます。)

お手持ちの鍋の性質と相談しながら時間は調節してください。

圧力鍋が無い場合は弱火で2時間~3時間加熱してください。

4.豆が指でつまんで簡単につぶせるくらい柔らかくなったら砂糖を加えて煮溶かす。煮含める必要はなし。冷めるまで置くことで芯まで甘みが染みこみます。

冷めたら密閉容器に移し、冷蔵庫で保存する。ラム酒やブランデーを加えると傷みにくく、香り良く保存できます。

 

★ごまなます★

ごまなますは栗原はるみさんのレシピを基にしています。すっぱいだけの紅白なますは“飾り”的な存在ですが、これはみんなが食べる。まろやかすっぱうま。十分おいしいのですが、柚子カップに入れてイクラをのせるとさらに魅力的に♪

<10×10cm保存容器一つ分>

大根 150g

ニンジン 20g ※あれば金時ニンジン

干しシイタケ 2個 ※ひたひたのぬるま湯で戻す。(2~3時間かかる)戻し汁はとっておく。

<干しシイタケ用煮汁>

干しシイタケの戻し汁 大さじ2

砂糖、みりん、しょうゆ 各大さじ1/2

<ごまごろも>

白いりごま 大さじ2

白練りごま、砂糖、酢 各大さじ1

1.干しシイタケの軸を取り、薄くスライスする。煮汁の材料を加えて汁気がなくなるまで煮る。

2.大根は中心の部分を使う。皮をむいて千切りにし、塩小さじ1/2(分量外)を振ってしんなりさせる。

3.にんじんは大根よりやや細めの千切りにする。塩少々(分量外)をふってしんなりさせる。

4.白ごまをフライパンで香ばしくなるまで煎り、半ずりにする。練りごま、砂糖、酢を合わせる。ぽってりした固さに調整する。

5.大根とにんじんの水分をしっかり絞り、ボウルに入れる。干しシイタケと合わせ、ごまごろもを加えてなじませる。

6.柚子の果肉を取り出してなますを詰める。あればイクラをのせて完成。

 

★手綱こんにゃく★

手綱こんにゃくは馬の“手綱”を引くように、自分の心も”制御”しようという意味合いを持ちます。ほったらかしにすると暴れ馬のごとく暴走する心をうまく操って日々精進したいですよね。

こんにゃくはカロリー調整役でもあります。ハイカロリーな食べ物に偏りがちな年末年始。食べる量とバランスを保って体重を増やさないように気を付けたいもの。

<作りやすい分量>日持ち:1週間

こんにゃく 1/2枚

だし 2/3カップ(150ml)

砂糖、みりん、しょうゆ 各大さじ1

鰹節ひとつかみ

1.こんにゃくは5~6mm厚さにスライスする。中心に2cm長さの切り込みを入れ、片方の端を切込みに入れて反対側から引き出す。手綱型の出来上がり。

2.熱湯で2~3分下茹でする。

3.だしと調味料を加えて20~25分、煮汁がほとんどなくなるまで煮る。

4.火を止めて鰹節をまぶす。密閉容器に移し、冷蔵庫で保存する。

 

どれも意外と簡単で、おいしいおせちです。

是非、マスターしてご家庭の味に育ててください。

次回はメインになるお料理をご紹介しますのでお楽しみに♪

 

おせち料理の作り方~Part1~田作り、たたきごぼう、酢ばす

今日はおせち料理の作り方のご紹介です。

昨日見たTVで「年末年始にやらなくなったこと」の第一位だった「おせち料理作り」

なんだかさみしい気持ちになるのは私だけではないはず。手ごろな値段で買えるし、一生懸命作っても家族が食べないし。との声が聞こえてきます。ごもっともです。

申し上げたいのは、「あなたのおせち、おいしいですか?」ということです。

私も結婚したての頃は日本料理の本をそのままなぞって、意味も分からず作っていました。おいしく作ることは二の次でした。でも、年を経るごとに教科書通りに作るのではなく、自分好みのお味にすこしづつ変えました。

お重に詰めてもスカスカになっていくのが嫌で、今ではお重にも詰めず、毎食ごとにお皿に盛って清潔感のあるおせちを楽しんでいます。是非皆さんも自分の“法則”をおつくりになり、家族の伝統を作ってください。

私のYoutube チャンネル【Japanese Everyday Food:Kitchen Princess Bamboo】でもご紹介していますので、ご興味のある方はご覧ください!全編英語ですが、手つきをご参考にしていただけるかな、と思います♡

★くるみ入り田作り★

田作りは来年の豊穣を祈る一品。家族全員が成果を掴むことが出来るようにと願をかけるので、絶対に絶対に外せないおせち。香ばしいくるみを加えて、食べたくなる工夫を。しっかり水分を飛ばしてさくさくに仕上げ、少し甘めに仕上げた方がお子さんにも食べやすいと思います。

<作りやすい分量>日持ち10日間

田作り(小さめの煮干し)30g

くるみ(香ばしくロースト)30g

砂糖、しょうゆ、みりん 各大さじ1

1.田作りをお皿にドーナツ状に広げ、電子レンジの600Wで1分~1分半加熱する。冷めるまでおき、ぽきっと折れるくらいさくさくの状態にする。ならなければさらに過熱する。

2.砂糖、しょうゆ、みりんをフライパンに入れて加熱する。少し糸が引くくらいに煮詰め、田作りとクルミを入れて絡める。

3.オーブンペーパーの上に取り出して冷ます。

 

★酢ばす★

“見通しがきく”ようにとの願いを込めたおせち。見通しがきかないと世の中渡っていけませんからねぇ~(笑)  これも絶対欠かせない一品。作り方は本当に乱暴なほど簡単なのですが、真っ白に仕上がり、歯触りも心地よく仕上がります。おすすめ!

<作りやすい分量>日持ち10日間

れんこん 一節

砂糖 大さじ1

寿司酢 大さじ2 レシピ

輪切り唐辛子 適宜

1.れんこんはピーラーで皮をむき5mm幅の輪切りにします。水にさらして余分なでんぷんを落とします。

2.砂糖と寿司酢を煮立て、水気を切ったれんこんを入れて2~3分さっと煮ます。周囲が透明になったら容器に移し、唐辛子を散らします。

 

★たたきごぼう★

“大地に根を張るように”との願いを込めたおせち。しっかり地面の奥深くまで根を張り、何事も投げ出さない粘りを身に着けられますように。泥臭い努力を惜しまない人であり続けたい。これも外せない一品です。重い意味合いばかり(笑)

たたきごぼうって、おいしくないおせちの代表のようなものですが、この作り方で作ってみてください。固すぎず、すっぱすぎず食べやすいです。

<作りやすい分量>日持ち10日間

ごぼう 1本

下煮用 酢・砂糖 各小さじ1

寿司酢 大さじ2

すりごま 適宜

1.ごぼうは鍋に入る大きさにカットし、かぶるくらいの水をそそぐ。下煮用の酢と砂糖を加えて火にかけ、弱火で20~25分煮る。つまようじがすっと通るくらい柔らかくなったら取り出す。

2.すりこぎでたたき、繊維を断つ。※全体の形が崩れない程度にたたく。5cmの長さに切りそろえ、保存容器に入れて寿司酢をまぶす。冷めるまでおく。

3.ラップを直接のせて調味料が染みやすいようにして保存する。食べるときにすりごまを振る。

 

今日の3品はすべて日持ちのするものばかり。最初に作るのはこんなものから。

次回は伊達巻をはじめ、おせちの主役をご紹介します。お楽しみに!

 

 

 

 

夏休み2017~アメリカ旅行!~ニューヨークpart14~NYお役立ち情報&最終回!

Happy holidays!

今日はクリスマスイブ!それなのに、まだ夏休みの記事をアップしているのんきな私です。さて、予定通り(?)年内に最終回を迎えたNYの旅行記。今日はお役立ち情報をお届けします。

まず、私たちがどのように旅行を企画したのか。

航空券とホテルはDeNAトラベルさんで手配しました。→ 

トラベルコやスカイスキャナーなど、その他にも格安航空券のサイトがありますが、価格も一番安かったですし、サイトのユーザビリティが断然いい。検索と表示のスピードが速い!さすがゲーム企業です。

とりあえず、各サイトにGW明けからユーザー登録をして、安値更新のお知らせが来るように設定しておきました。で、一番リーズナブルだったDeNAさんに決定。

DELTAで乗り継ぎがハワイというラッキーな便。往復で一人15万くらい(燃油サーチャージ込)だったでしょうか。8月初旬でこの価格だとOKです。

ホテルはキッチン付きのコンドミニアムに泊まりたくて、Booking.comや、Hotels.com,さらにはエアB&Bも探しましたが、ピンとくるものが無し。お手頃だな、と思ったらクイーンズやブルックリン。マンハッタンのコンドミニアムは一泊5~7万。10泊分は正直きつい~。

で、キッチンはあきらめてミッドタウンウエストの The Modern に決定。

DeNAトラベルで航空券とセットで割引のホテルリストから決めました。DeNAトラベルさん、抜かりなくホテルも差し込んできてくれてありがとうございました(笑)

結局トータルで手間がかからないのが業者選定の理由です。

さて、NYへの旅行で悩むのがホテルのロケーション。20年NYに住んでいた友人に聞くと、「どこに行きたいのかで決めたら?」とあっさりした返事が。いろんなところに行きたい私はど真ん中のミッドタウンに決めました。地下鉄の駅まで2,3分、タイムズスクエアまで5、6分、セントラルパークまで10分以内という好立地。

外が騒がしくて眠れないかと思いましたが、全く心配なし!おすすめのロケーションです。

ホテルのお部屋はこんな感じのスタジオタイプ。もうちょっとましな写真があったらよかったんですけど(笑)Wi-Fiも早くてお仕事もばっちり出来ました。休息に帰ってくるだけの部屋なので、寝心地の良いベッドがあれば十分!ホテルスタッフは若くてフレンドリー、共有スペースにコーヒー&ティサーバーがあって24時間利用可。朝はフルーツとコーヒーケーキのサービス付きでした。約¥25,000/一泊はお得でしょ?

次は渡航前の手続き。

ESTAって?!

なんせ10年以上ぶりのアメリカ。恥ずかしながら全然知りませんでした。しかも渡航72時間前には手続きを完了しないといけないとのこと。

気づいたのが出発2日前!

何とかすぐに許可が下りたものの、事前にしっかり確認しておくことは個人旅行では重要。今年一年で一番焦った出来事はこの件です・・・

パスポートの有効期限も確認をお忘れなく!

 

次は通信について。

タブレット愛用者の私、数世代前のipadから256GBのipad proに機種変更。

ソフトバンクユーザーはアメリカ放題を手続きなしで使えます。起動後ipadがsprintという回線を探してくれて勝手につないでくれます。NYとDCでは何の問題もなく使えました。(田舎の方だと使えないこともあるらしいので気を付けてください!)

しかもこのipad、カメラも高性能だし、4K動画も撮れる!

MOMAのモネのスイレンはパノラマで撮影。

IMG_0344

「映画か!」と突っ込みたくなるくらいNY(笑)

通信&記録メディアとして、そしてナビ(=google map)として使えるipad pro、おすすめです。もちろんiphoneでもOK!

 

次はお洗濯について。

夏に10日間という長めの旅行だったので、洗濯物がたくさん!全く考えていなかったランドリー問題が急浮上。

yelpというアプリで探すと簡単に発見!たまたま近くにあったので2~3日に一回行って常に気持ちよく過ごせました~。

日本でも行かないのに。全く使い方が分からず。お店の人に手取り足取り教えていただきました。次からはまるで常連のような顔で使用(笑) 時間がかかるので、セットしたら近くでお買い物したり、ipadで映画を見たり。どんな人がこのお店を利用しているのか観察したり。お洗濯も楽しい時間でした。

ランドリーの隣にあったスイーツショップ。これ、なんとドーナツサンドアイスです。しかもトッピングも出来ちゃう。勇気がなくてたべませんでしたが、混んでたなぁ~このお店。まだ日本では見かけませんが、もしかしたら来るかも・・・

さて、そろそろこのシリーズも終わりです。

中3になった息子、セントラルパークでピッチング練習。

ヤフーブログから見てくださっている皆さんには驚きかもしれません。ぽっちゃり君だった息子が185cmのしゅっとした青年になりました(笑)

今回の旅はロングフライトにも耐えられる年齢になったこともありますが、彼の見識を広げるためという目的も。彼の人生にどんな影響があるかまだ分かりませんが、いつか役に立つ日が来ればこれ以上望むことはありません。

といいつつ、私が一番行きたがってたのは言うまでもありませんが~あは♡

あー、楽しかった!!!

次回からはレシピをのせて参りますので、引き続きお付き合いください♪

 

 

 

 

 

夏休み2017~アメリカ旅行!~ニューヨークpart13~フォトギャラリー~

さて、今日はD.CへのプチトリップからNYへ戻った最後の二日間に訪れた場所の数々をフォトギャラリーにしてご紹介!

ブルックリンブリッジパークから見るマンハッタン。遠くに自由の女神も見えるこの風景、これ以上ないほどNY!

 

景色を楽しんだ後はダンボマーケットへ!

 

西アフリカ民芸品のようなカラフルな籐製品。欲しかったけど大きすぎて断念。いろんなアンティーク(ガラクタ?!)は見てるだけで楽しい~!

 

人気のドーナツ屋さん”Dough”も出店していてラッキー♪

 

一番人気だというDulche de leche Almondを購入。思ったより甘くないけど、デカすぎ~

 

続いてハイライン。パブリックアートがあちこちに。

長い遊歩道のような公園で、NYらしい景色を見ながら散歩をしたり、デッキで休んだりできる空間。自然と人が集まる構造がすごくいい。屋台でドリンクやおやつが売られてます。

 

ハイライン上から撮ったミートパッキングディストリクト。

 

ハイラインの散歩を終えてチェルシーマーケットへ。レストランや食材屋さん、いろいろ入ったマーケットの中に、”厨房屋さん”(プロ向けキッチンサプライ店)を発見!

 

“菊一”さんの包丁発見!奈良の誇る優良企業。こちらの社長さんはNYを拠点に日本の包丁をアメリカに広めた方。私の尊敬する素晴らしい女性経営者さんです。

 

こ、これは!わが町生駒の誇る“高山茶筌”かと思いきや、中国製。がっくり。

 

チェルシーマーケットのすぐそばのGoogle NY本社。息子に「ここに就職して!」と、無理なお願いをしてみました(苦笑)

 

その後、地下鉄の駅に向かう道で見つけたレストラン。“キューバ風中華料理”ってどんな感じでしょう。想像すらできません。さすが人種のるつぼ、アメリカ。

 

お土産を買いに入ったディーン&デルーカにて。多種多様なスプリンクル!アメリカ人、これ好きよね~~

 

さすがD&D。ベーグルばっかりではありません!

 

キッチンサプライコーナーにどさっと置かれた“亀の子たわし”NYのセレブ層に人気なのかしら?

 

小さな日本スーパーで。長ネギもごぼうも同じパッケージ。合理的(笑)

 

五番街のティファニー。『ティファニーで朝食を』のイメージを追ってきましたが、今ではこんなカラフルな照明でした。ビミョー。

 

マグノリアベーカリーで大量買い。仕事です、仕事(笑)(笑)

以上、心に残るNYのあれこれでした。今思い返しても、全ての瞬間が夢のように楽しい時間でした。ご参考になれば幸いです。(写真は1000枚以上、ビデオも50本以上ありますがこれくらいにしておきましょう)

次回は知っておくと便利なNYの旅の便利情報をお送りする予定です~。

続く。