みんな大好き!★クッキーシューの作り方★たっぷりカスタード♪

今日はクッキーシューの作り方のご紹介です♪

このレシピは過去に一度も紹介したことがないかもしれません。

隠すつもりはなかったのですが、なぜかチャンスがなく本日に至ります。

なぜこのタイミングで?といいますと、インスタグラムにアップしたところ、フォロワーさんからレシピをリクエストされたからです。

フェイスブックでも評判が良かったので、気をよくしてぱぱっとビデオまで作りました。是非、最後のyoutubeのリンクもクリックしてくださいね!

★クッキーシューの作り方★

<パータシュー(シュー生地)>20~25個分 ※半量になさっても結構です。

水・・・100ml

牛乳・・・100ml

無塩バター・・・100g

薄力粉・・・120g

塩・・・小さじ1

卵(L)・・・4個

<クッキー生地>

無塩バター、グラニュー糖、薄力粉・・・各50g

※オーブンは200℃に予熱する。

①まずはクッキー生地を作る。バターを柔らかく練り、グラニュー糖をなじませる。

②粉を加えてざっとひとまとめにする。3cm直径の棒状に調え、冷凍する。

※しっかり混ぜなくてもなじんだらOKです。

③牛乳、水、バター、塩を沸騰させる。沸騰させている間に粉をふるっておく。

ぐらぐらと煮立ったら火を止め、粉を一気に加えて混ぜる。粉気がなくなり、ひとまとまりになったら弱めの中火にかけ、水分を飛ばす。

鍋の底に乾いた粉がこびりつき始めたら火を止め、ボウルに移す。

※ここで水分を出来るだけ飛ばすことで卵がたくさん入ります。卵がたくさん入るとしっかり膨らむ生地になります。シュー生地は卵の膨張力でのみ膨らみます。加熱して糊状になった生地にいかに多くの卵を抱き込ませるかが勝負です。

④卵を溶いて大さじ2杯程度加える。生地をゴムベラで切るようにして卵をなじませる。一気に混ぜようとするとつるつると滑って混ぜにくいので、つつくようにして卵と生地をくっつけていく。

⑤きれいに混ざったら次の卵を加える。大さじ2~3づつ加え、その都度きれいに混ぜる。4~5回に分けて卵を加える。

⑥すくって落とした生地が三角形になり、つやがあってなめらかな状態になっていること。

⑦1~1.2cmの丸口金を付けた絞り出し袋に生地を入れる。直径4~5cmに絞り出す。

⑧7~8mm厚さにスライスしたクッキー生地をのせる。200℃で15分焼き、いっぱいまでふくらんだら170℃に落としてさらに30分焼く。

⑨からからに乾いたら取り出して網の上で冷ます。

<カスタードクリーム>

卵黄・・・5個分

グラニュー糖・・・125g

強力粉、コーンスターチ・・・各25g

牛乳・・・500ml

塩・・・ひとつまみ

バニラペースト・・・小さじ1

無塩バター・・・30g

生クリーム・・・カスタードの1/2量

①グラニュー糖の半量と牛乳を火にかけ沸騰直前まで温める。

②卵黄と残りのグラニュー糖を合わせて泡立てる。白っぽくなったら塩、バニラ、強力粉とコーンスターチを加えてなじませる。

③ ①の牛乳を大さじ2程度加えてなじませる。

④ さらに大さじ2~3加えてよく混ぜる。もう一度牛乳を加え、全体の半量の牛乳が入ったら鍋に戻す。

⑤中火にかけて絶えず混ぜながら火を通す。沸騰してから1~2分混ぜながら加熱を続け、粉っぽさをなくす。

⑥氷水に浮かべたボウルに移し、ラップを表面に張り付けて冷やす。

⑦カスタードをざるなどでこしてゆるめ、カスタードの半量の生クリームを8分だてにして加える。3回に分けて加え、ふんわりとしたカスタードに仕上げる。

※300gのカスタードと150gの生クリームで約10個分のクッキーシューが出来ます。

⑧絞り出し袋に移し、先端を直径8~9mmになるようにカットする。焼きあがったクッキーシューの側面に穴をあけ、クリームをたっぷり絞り出す。

⑨粉砂糖をふって出来上がり!

かりっとした生地からあふれ出すふんわりしたカスタード。夢見心地のおいしさ♡

是非お試しください♪

大阪名物!★おいしい肉まんの作り方★玉ねぎたっぷり♪

 

今日はおいしい肉まんの作り方のご紹介です♪

春の訪れを感じながらもまだ朝晩はひんやり。そんな時においしいのがほかほかの肉まん。皮はふんわりしていながらも弾力があって、ほんのり甘い。あんは玉ねぎのうまみと甘みがたっぷり詰まっていて、、、(ヨダレ)

関西では特に人気のある肉まん。55〇の肉まんをもらえると無条件で持参した人の株が上がる、とても人気の高いお土産。

デパ地下で並びさえすれば買えるのですが、おうちで作りたてを食べられるならこれ以上のおいしさはありません!

いろいろ調べ、何回も試作し、やっと完成したうちの肉まん。きれいに包むのは簡単ではありませんが、練習すればすぐに習得できます♪

★肉まん★

8個分

<肉まん生地>

薄力粉・・・150g

強力粉・・・50g

砂糖・・・大さじ1

塩・・・小さじ1/2

ベーキングパウダー、インスタントドライイースト・・・各小さじ1

ぬるま湯・・・110~120ml

ラードかショートニング・・・大さじ1

①粉とその他の材料(ラード以外)をボウルに入れ箸をくるくると回して混ぜ、均一に材料が混ざっている状態にする。

②ぬるま湯を1/3ずつ回し入れ、箸で水分を散らすように混ぜる。

③乾いた粉が残っていたら少量の水を散らしてまとめる。全体がひと固まりになったら取り出し、2~3分こねる。

④なめらかになったらラードを加え、もう一度なめらかになるまでこねる。

⑤ボウルに戻し、温かいところ(30℃前後)で約2倍の大きさになるまで発酵させる。(約30~40分)

<あん>

豚ひき肉・・・150g

塩・・・小さじ1/3

砂糖、しょうが汁、鶏ガラスープの素・・・各小さじ1

酒、しょうゆ、オイスターソース・・・各小さじ2

片栗粉・・・小さじ1

玉ねぎ・・・中1個(約200g)

①玉ねぎはみじん切りにして少量のサラダ油で透き通るまで炒める。冷ましておく。

②玉ねぎ以外の材料をすべてボウルにいれ、箸でつつくようにしてなじませる。ここで粘りが出るとあんが団子になってしまうので、粘りが出ないように気を付ける。

③玉ねぎを加えて均一になるまで混ぜる。

<仕上げ>

①発酵が終わった生地を取り出し、8等分して丸めなおす。使うまでラップをかけて置く。

②生地の中心を厚く、周りを薄く、直径10cmに麺棒で伸ばす。

③あんの大さじ1(1/8量)をのせ、ひだをとりながら包む。

④オーブンペーパーに乗せてせいろに乗せ、20~25分発酵させる。一回り大きくなったらOK。

⑤強めの中火で15分蒸す。蒸しあがったら蓋を2~3cmずらしてそっと開け、蒸気を逃がす。※急激に外気にさらすと皮がしわしわにしぼむ可能性があるので注意。

しばらくしたらふたを開けてあつあつをいただく。

おかゆと和え物を添えたら北京の定番定食になるそうです。我が家ではそれを聞いてからスープを添えていたのを薄い中華粥にしています。なるほど、これが合うんです!

ザーサイを使ったサラダや和え物がピッタリ。

是非、あなたのおうちでも定番のお献立になさってくださいね♪

ビデオもご参考になさってください。(英語です。)