すいかとメロンとリコッタのサラダ

今日はすいかとメロンとリコッタのサラダのご紹介です♪

夏の一番の楽しみはフルーツ!特に、すいかとメロンは体温を下げてくれるので暑い日には一日中食べていたいほど。

取りすぎた余分な水分も排出してくれるので、我が家の冷蔵庫には夏中欠かせないフルーツです。

カットしただけでいただくのもいいですが、たまにはサラダ仕立てはいかがでしょうか。

低脂肪でさわやかなリコッタを添えて、バランスの整ったブランチになりました。

★★★★レシピ★★★★2~3人分

小玉すいか・・・1/4個

メロン・・・1/4個 ※赤肉系を使いました。

リコッタチーズ・・・大さじ3~4

塩、ミント・・・少々

①小玉すいかとメロンは種を取り、大きめの一口大にカットする。

②リコッタチーズとミントを散らし、塩をパラりとふりかける。

CSC_0622

2~3人分と書きましたが、一人で平らげました(笑)

夏の乾いた体に、ものすごい勢いで水分が染み込んでいくのを感じます。

体が欲するものをいただくことが、健康な生活の基本です。

是非お試しください♪

トマトとリコッタのサクサクタルト

今日はトマトとリコッタのタルトのご紹介です♪

タルトカップを焼いておけば、お出しする前に組み立てるだけ。タルトはサクサク、トマトはひんやり甘酸っぱく。コントラストが楽しい一皿になりました。

タルト生地には玄米パウダーを少しだけ加えて、サクサク感をアップ。玄米パウダーはグルテンを含まないので膨らみを抑える効果もあります。重石要らずで手間も省けました。

★★★★レシピ★★★★玄米パウダー入りパートブリゼ 7㎝タルトカップ20個分

無塩バター・・・200g

砂糖・・・10g

塩・・・4g

卵黄・・・1個分

氷水・・・50ml

玄米パウダー・・・20g

薄力粉・・・380g

①粉類とバターをフードプロセッサーに入れて攪拌する。バターが米粒大になったらOK。

②氷水と卵黄を混ぜ合わせたものを加え、ひとまとめにする。ラップに包み冷蔵庫で1時間以上休ませる。

③休ませた生地を3㎜の厚さに伸ばし、フォークでピケ(穴をあける)する。タルトカップに敷き込み、もう一度冷蔵庫で休ませる。生地がしっかりと冷えたら、180℃のオーブンで15~20分焼成。

CSC_0741

焼き上がったら冷ましておく。このまま密閉容器に乾燥剤とともに2週間保存可。焼く前の生地は2~3か月冷凍保存可。

④ミニトマト、リコッタ、クルミを詰めてヴィネグレットを添えてどうぞ。

 

トマトのほかにポテトサラダを詰めてお食事系に、カスタードとフルーツを詰めてデザート系に。作っておくと便利なタルトカップ。

是非お試しください♪