あなたのお子さんは大丈夫?★スポーツ貧血★対策レシピ特集

「スポーツ貧血」

お聞きになられたことはありますか?

内科医の山本佳奈先生が書かれたAERA.dotの記事を読ませていただき、これはシェアしないと!と思い立った次第です。

スポーツをする人は鉄欠乏性貧血になりやすい。

その理由として

①スポーツをする人は筋肉が多く、必要なヘモグロビンも多い。

②発汗により鉄が失われる。

③運動の衝撃で赤血球が破壊され、それを補うための生成が間に合わない。

④消化管への血流不足から粘膜の出血や壊死が生じる。

などが挙げられています。(詳細は記事をお読みください)

これらを補うために鉄を意識して接種することが大切だと、山本先生は結ばれています。大変勉強になりました。先生ありがとうございます。

うちの息子も高校一年生で野球部に所属し、日々トレーニングを行っています。バランスよく食べさせることは母親としての大きな役目。(というか、それしかしていません。)

幸い小さなころから好き嫌いなくよく食べる子だったので、ずいぶん大きく成長しました(185cm79kg)しっかりしたからだ作りにはバランスの良い食事をとることは言うまでもありません。

一般的に、糖質:たんぱく質:脂質=6:3:1やが6:2:2が理想と言われます。経験的には成長期にはもっとたんぱく質が多い方が良いのではないかと思います。 息子の場合は5:3.5:1.5。現在も同じです。

数字はあくまでも目安。喜んでたくさん食べ、体調も気分もいい状態に整えてあげましょう。

さて話を戻すと、スポーツ貧血の症状は、だるかったり、集中力がなくなってぼーっとしたり。

限られた時間を有効に過ごすためにも避けたい症状です。

そのためにはしっかり食事!サプリメントはあくまでも補助的に。(息子は疲労回復のためのアミノ酸以外はとっていません)お味が美味しいと自動的にたくさん食べるのが子供たち。美味しいおうちごはんは最強です。

ちょっと古い記事も入りますが、鉄分たっぷりおかずをご紹介します。

ご参考までに!

写真★あぶりマグロのサラダニーソワーズ★

マグロの表面をあぶってスライス。サラダ野菜、ゆでたまご、ポテトなどと盛り合わせる。いろいろな食材を一気に取れるのでおすすめ!

★さんまの韓国風照り焼き丼★ レシピはこちら → 

★ひじきと青菜の白和え風★ レシピはこちら → 

★あさりの醤油漬け★ レシピはこちら → 

★牡蠣のチャウダー★ レシピはこちら → 

★簡単ピビンパ★ レシピはこちら →

★かぼちゃとレバーのスタミナ焼き★ レシピはこちら →

★レバーペースト★ レシピはこちら →

食べた後はしっかり寝て、疲労を回復させてまた明日!

是非お試しください♪